お知らせ information

岐阜県、三重県、静岡県の一部(浜松以西)の患者様の里帰り出産、ご主人様立ち会い出産再開のご案内

お待たせしました。

岐阜県、三重県、静岡県の一部(浜松以西)在住の患者様の里帰り出産、ご主人様立ち会い出産の受付を6月22日より再開いたします。

里帰り時には少し早めに里帰りしていただき、1~2週間の健康観察期間の後,受診してください。健康観察期間中に発熱、倦怠感等の症状のある方は症状消失後1週間以上の間隔をあけて受診される様お願い申し上げます。

また里帰りされる方は、里帰り初診時に新型コロナウイルス抗体検査が必要です。
出産に立ち会われるご主人様も立ち会い時に抗体検査をお願いいたします。

今後ご主人様立ち会い出産・里帰り出産可能なエリアを順次拡大していく予定です。他県からの立ち会い出産、里帰り出産をご希望の方は、今しばらくお待ちください。

外来検査・健診等の再開について

新型コロナウイルスの影響により一時休止していた下記業務について、安全性を確保したうえ、順次再開していくことといたします。

 

〇 子宮がん検診 【6月1日(月)から再開予定】  New

〇 外来婦人科における新患の受け入れ 【5月25日(月)から再開】

〇 妊婦健診における4Dエコー 【5月18日(月)から再開】

 

※ 患者様との面会制限、自費検査、母親教室 等につきましては、今しばらくお待ちください。

 

ご主人様立ち会い出産・里帰り出産の一部再開のご案内 

お待たせいたしました。

愛知県在住の方に限り、6月1日よりご主人様の立ち会い出産及び愛知県内よりの里帰り出産の受付を再開いたします。

今後、感染状況をみながら岐阜県、三重県在住のご夫婦のご主人様立ち会い出産、里帰り出産、次いでその他の県よりの同出産を再開していく予定です。

他県からの立ち会い出産、里帰り出産をご希望の方は、今しばらくお待ちください。

新型コロナウイルス感染症抗体検査のご案内

新型コロナウイルス感染症抗体検査を開始いたします。

夫立ち合い出産、里帰り出産の全面再開に向けて、6月1日より岩田病院で夫立ち合い出産(手術時の立ち合いを含む)を予定されているすべての妊婦様及びご主人様に対して、新型コロナウイルス抗体検査を一定期間実施いたします。今後、里帰り出産ご予定の患者様に対しても検査を行っていく方針です。

また、立ち合い出産、里帰り出産をご予定でない妊婦様もご希望があれば検査を行います。

電話での説明は困難ですので、詳細及び不明な点は診察時に医師・スタッフにご確認ください。

重要なお知らせ(4/16更新)  -緊急事態宣言を踏まえて-

外来患者様・入院患者様へのお願い

1.外来診療において、病院内に入るのは患者様ご本人のみとさせていただきたくお願い申し上げます。(院内の託児所は開所していますが、原則としてお子様の同行は回避して頂き、やむを得ない場合のみマスク着用のうえご利用ください)

診察時のご主人同席は、当面の間中止させて頂きます。

ご本人以外の方は車中など院外での待機をお願いいたします。

(2週間・4週間健診時につきましても、付き添い不可とさせて頂きます)

2.分娩時の付添い及び立会分娩について、当面の間中止をさせて頂きます。

ご主人様並びにその他ご家族様の院内への立入はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。(面会は禁止です。)

 

重要なこと

次の症状がある方は、新型コロナウイルス感染症の可能性がありますので、最寄りの保健所(帰国者・接触者相談センター)にご相談ください。

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)や味覚嗅覚障害がある

・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上(妊婦さんは2日以上)続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)

新型コロナウイルス感染の可能性のある方は、妊婦健診受診を控えてください。

その場合、血圧測定、体温測定を行い、記録してください。また、ご家族に感染された方、新型コロナウイルス感染の方と濃厚接触された方がおみえになる場合は妊婦健診の受診日をずらすことが必要となりますので、必ず当院に電話でご連絡ください。

腹痛・破水感・胎動減少・消失など産科的症状のある場合は受診が必要ですが新型コロナウイルス感染の疑いのある患者様は当院で対応することはできません。最寄りの保健所に連絡のうえ、マスクを着用し公共交通機関の利用を避けて指定医療機関を受診してください。

妊婦さんとこれから生まれてくる赤ちゃんをウィルスの脅威から守るため、感染対策に万全を期し、分娩取り扱い施設としての責務を全うすべく可能な限りの対策を講じてまいります。

ご家族の皆様には大変ご不自由をお掛けしますが何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

県外からの里帰り出産を当面休止いたします

里帰り出産については、

・健康観察期間が必要なこと

・その間、配偶者との接触を避ける必要があること

・健康観察期間の妊娠管理が困難になること  など

緊急事態宣言下での里帰り分娩は大きな問題を内包しており、決しておすすめできることではありません。

また、子宮頚管の短縮を指摘されている患者様、お腹の張りを抑えるお薬を飲まれている患者様などは健康管理期間(約2週間)に早産症状が悪化する可能性があり、里帰り分娩をお引き受けすることはできません。

分娩をご予約の患者様もこのような事情をご理解のうえ、現在通院されている施設で出産して下さいますようお願いいたします。

 

既に里帰りされている患者様については、以下のことをお守りください。

1.里帰り後、2週間経過後の受診をお願いいたします。

2.里帰り後は、配偶者との接触は控えてください。

3.配偶者が感染多発地域にお住いの場合は、4週間健診の2週間前より配偶者との接触を避けてください。

4.里帰り後は、毎日健康観察を行い、体温を測定し記録してください。

また、せき・倦怠感などの症状もあれば記録してください。

5.37.5度以上の発熱が1日でもあった場合、また、せきなどの呼吸器症状があった場合や体調がすぐれない場合は、体調が回復してから1週間は来院を控えてください。

6.健康観察期間中に、出血・腹痛・破水感・胎動消失などの症状のある場合は、適切に対応いたしますので、電話にて連絡してください。(コロナウイルス感染症の疑いがない場合)

7.もし、37.5度以上の発熱が4日以上(妊婦さんは2日以上)続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)、強い倦怠感・息苦しさ(呼吸困難)味覚嗅覚障害などの症状がある場合は、最寄りの保健所(帰国者接触者相談センター)に連絡してください。

妊婦さんを除く新患受入を一時休止します

緊急事態宣言を受け、院内感染予防に万全を期すため、

妊婦様を除く、新規の婦人科診察を一時休止させていただきます。

 

外来検査の休止について

新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言を受け、

・子宮がん検診(単独)

・ブライダルチェック

・自費感染症検査(アフターピルを含む)

・妊婦検診における4Dエコー(4/16より)

を当分の間中止いたします。

面会制限のお知らせ

赤ちゃんと妊産婦さんを新型コロナウイルス感染から守るため、皆様のご協力をお願いいたします。

 面会制限のお願い (3月12日から)

 面会制限のお願い (3月3日から)