高齢出産について

高齢出産とは

高齢出産は、もちろん高齢で出産することですが、特に厳格な定義はないようです。

一般には35歳以上の出産、あるいは40歳以上の出産といい、それが初産の場合という定義もあれば、そうでない場合もあり、まちまちです。

しかしそういうことはともかく、あなたが35歳を超えていてこれから出産しよう、あるいはしたいということであれば、「高齢出産」になると思っていいでしょう。
(50歳以上での出産は「超高齢出産」という言い方もします。)

では、なぜ「高齢出産」ということが特別に取り扱われるかというと、若いころに比べて出産におけるリスクがそのくらいの年齢あたりから急に高まってくるからです。

高齢出産におけるリスク

基本的には、年齢を重ねたことによる母体の衰え、人体組織の経年劣化によって、出産の際の体内の大きな変動で障害が起きる確率が高まるということです。
主なものとしては、妊娠高血圧症候群や、卵巣や子宮の腫瘍といった症状の発症確率が上がります。

さらに母体の劣化から、赤ちゃんがダウン症など染色体異常で生まれてくる確率が上がります。

また無事出産しても、子供の成長期にはあなたの年齢は40代後半から50代、養育のパワーも体力面、経済面とも相当負担になってきます。

あなたの覚悟次第

いずれにしても、高齢出産について他人がとやかく言うことではありません。

ただ上記に述べたように、出産ということ自体のリスク、生まれてくる子供のリスク、子供の養育のリスクが、若いころに比べていくらか高いという認識の上で、総合的にご自身が判断することです。

産婦人科では、もちろん高齢であるか否かにはかかわらず、患者様の出産がスムーズにいくように対処いたしますし、高齢であるが故のご指導もさせていただいております。

もっともいけないのは、様々な情報でご自身が迷って悩んでしまうことです。
時期が遅くなっても、自分の人生に子供がぜひとも必要なのか、多少のリスクは覚悟しても子供をつくるのか、信念を持って家族設計をしてください。


↑このページのトップへ


Copyright © 2013 Iwata Hospital. All Rights Reserved.