出産後の過ごし方

産後、体がもとに戻るまで

出産という感激的ですが過酷なイベントを達成した後は、体は相当に消耗して衰弱しています。

産後、体が元に戻るまでの期間を産褥期(さんじょくき)と言いますが、だいたい 6〜8週間かかります。

産褥期は自分の体の回復はもちろんのこと、生まれた赤ちゃんの世話も同時にしていかねばならないという仕事が増えています。
ぜひご主人や親御さんのサポートも仰いでこの期間を乗り切ってください。

産褥期の体の変化

この期間に、出産で大きく変化した子宮が徐々に元の姿に戻っていき、ホルモンのバランスも変化します。

子宮の修復途上で、おりもの(悪露)が出ます。
その量や色で回復の度合いがわかります。当初は血液が多くて濃い色ですが、次第に色は薄くなっていきます。
順調なら約1か月で回復します。

出産から数日は、体が赤ちゃんのために乳房が母乳を作り出して、そのため乳房が張ってきます。
授乳したり、搾乳したりしていくことが必要ですが、乳房も緊張状態になっているため熱を持ったり、痛みを伴ったり、場合によっては乳腺炎のような炎症を起こしたりすることがあります。
こんなときはぜひご来院ください。

ホルモンの変化によって、精神的に不安定になりがちです。
いらいらしたり、憂鬱になったりする感情のゆらぎは仕方のないことです。
ご自身もそういう原因であると自覚を持つことが必要ですし、ご家族の皆様もそういう認識で見守ってあげてください。

食生活について

基本的に病気ではありませんので、通常の食事をされて結構ですが、なにしろ体の一部分が出て行ってしまったわけですから、しっかりと栄養をとって順調に回復できるようにして下さい。

もちろんバランスのよい食事をすることは言うまでもありません。
母乳を赤ちゃんに飲ませる場合も、その母乳自体があなたの摂取した食事から作られるという観点で食事を考えてみられるといいでしょう。

運動について

産褥期は体力も回復途上にありますので、からだを動かすことも当初は大変です。

ご自分の体力と相談しながら、無理はせずに軽い家事から初めて、徐々に外に散歩に出たりして、体の筋力も回復させてください。
ただ自動車の運転は、体力をそれほど使わないとはいえ、集中力やとっさの判断力、瞬発力などが必要で、事故の危険性もありますので、産褥期は避けるほうがいいでしょう。


↑このページのトップへ


Copyright © 2013 Iwata Hospital. All Rights Reserved.