出産Q&A

Q.1 市販の妊娠検査薬で陽性反応が出ました。本当に妊娠したのでしょうか?

市販の妊娠検査薬も、病院で使っているものと同様の精度があります。
陽性が出たとなれば、ほぼ確実に妊娠しているとみていいかと思います。
ただ、早期では病院でも正確な妊娠状況の確認ができない状況もありますので、最終生理日から5〜6週間後にご来院頂くのがちょうどいいタイミングです。

Q.2 妊娠期間は10月10日(とつきとおか)といわれますが、実際はどれぐらいですか?

基本的には、最終月経の初日から280日目(40週)を出産予定日として計算します。
ですから単純に10か月プラス10日の日付にはならず、むしろ9か月と少しくらい先の時期と考えてください。

Q.3 妊娠期間中には体調はどう変化するのですか?

妊娠後最初の3〜4か月がかなり体調が変動する時期です。
つわりが起こり、おりものが増え、便秘や胃腸の不調も起こります。
精神的にも情緒不安定になりますので、ご家族の方もぜひいたわって毎日をお過ごしください。

5か月目ころからは安定期に入り、体調は戻ってきます。
この頃にはお腹も大きくなってきて、赤ちゃんの胎動を感じることもあります。

出産前の2か月程度はお腹がかなり大きくなって重くなり、自分の動作にも支障が出てきます。
無理な動作や体勢は避けて、出産日をお迎えください。

Q.4 妊娠期間中はどんなものを食べればよいのですか?

妊娠期間だからといって、特別なものを食べる必要はありません。
ただし、あなたがバランスの悪い食生活を送っているようなら、それは改善しなければなりません。

基本は陳腐な言葉ではありますが、「バランスのよい食事」をすることです。
特に、タンパク質や鉄分は意識的に多めに摂ってください。鉄欠乏性貧血を予防します。
カルシウム・マグネシウムは、胎児の骨や歯の成長に不可欠です。
また、妊娠期間中の便秘を軽減するためにも、食物繊維・乳酸菌もぜひ摂ってください。

もちろんあなたの食べたものの栄養が一部胎児に送られていくわけですから、その分のカロリーは余分に摂取する必要があります。
厚生労働省の指針では、妊娠初期(16週未満)は50kcal、中期(16〜28週未満)は250kcal、末期(28週以降)は500kcalを付加すべき量として示しています。

Q.5 妊娠期間中に食べてはいけないものがあると聞いたのですが。

確かに、下記のものはよく聞くものです。

1)魚類では水銀が蓄積されている可能性がある種類(キンメダイ、メカジキ、マグロなど)は避けるべし
2) ウナギなど動物性ビタミンAが多すぎると胎児に先天性奇形などの悪影響を与える
3)ハーブ類は子宮収縮を起こしたりするので厳禁

しかし、こんなことを厳密に考えていたら食べるものが何もなくなってしまいます。
前項の回答にも書いたように、「バランスの良い食事」というのがベストで、ぜひ健全な食生活を心がけてください。

ただ、塩分は控えめ、油脂はほどほどにというのは絶対です。
インスタントラーメンやスナックフードばかりの食生活はダメです。

もちろん、喫煙や飲酒も妊娠期間中はやめるべきでしょう。
胎児に与える影響度合いはわかっていませんが、あなたの血液に吸収されたアルコールやニコチンが胎児にもまわっていくと考えたらどうでしょうか。

Q.6 陣痛の痛みというのはどんなものですか?

人によって差はありますが、経験者の話を総合すると、

生理痛のような痛み、または下痢のような痛みで始まって、痛みが押したり引いたりが繰り返しつつ相当な強さに増幅していく

というものです。

当院は陣痛の痛みを軽減する技術を使って出産させる「無痛分娩」をご希望により行っております。

Q.7 帝王切開はどんな時に行われるのですか?

帝王切開は「予定」の場合と「緊急」の場合があります。

予定の帝王切開というのは、逆子・双子などの多胎妊娠、また前置胎盤や前回帝王切開だった人、高齢出産など、医師が最初から自然分娩は無理と判断した場合に行われます。
もちろん普通の手術と同じで、麻酔をして行われますから、陣痛などは感じるひまもなく出産することになります。
当然、手術日があらかじめ決められますから、赤ちゃんの誕生日が事前に決定されることになります。

緊急の帝王切開は、たとえば自然分娩中にそれが不可能であるとか、妊婦や胎児が危険状態に陥ったなど、医師の緊急判断で出産行為を手術に切り替える場合です。
母子ともに一刻を争う状態のケースが多いです。


↑このページのトップへ


Copyright © 2013 Iwata Hospital. All Rights Reserved.