岩田病院の歴史

ここ名古屋駅西に産声を上げ50余年
地域の皆様に愛される病院を目指してきました。

岩田病院は、昭和35年、先代院長・岩田實により、ここ名古屋駅西に産声を上げました。

創業当時は、「岩田産婦人科」という小さな医院でしたが、それでも、地域の皆様方に愛されて少しづつ成長してきました。

当時の名古屋駅西地区は通称 "駅裏" と呼ばれ、名古屋でも近代化が遅れた地域でした。

しかし、新幹線の駅ができ、高度成長とともに地域の整備が進み、大手予備校の進出や、近年は大型結婚式場や大型家電量販店も立ち並ぶ、名古屋の顔としても恥ずかしくない地区になりました。
将来は、リニア新幹線の駅も間近にでき、ますます発展が期待される地域です。

地域の発展とともに、当院も少しずつですがスタッフを増やし、「岩田産婦人科」から「岩田病院」に名称変更してさらに成長して参りました。

先代院長で約30年、現院長が後を継いで20余年、創業以来半世紀以上にわたって産婦人科一筋で営業して参りましたが、創業当時からの「地域の皆様に愛される病院でありたい」という強い願いと精神は全く不変です。

産科医療の危機が叫ばれて久しい昨今ですが、当院は現院長以下スタッフ一丸となり、地域の皆様に愛される産科医療を続けてきました。
今後も、地域の患者様のみならず、すべての患者様のために誠心誠意医療活動を行っていく所存でございます。

岩田病院院長 岩田 浩輔


(左下のボタンを押すと、ご紹介動画をご覧いただけます。)


↑このページのトップへ


Copyright © 2013 Iwata Hospital. All Rights Reserved.